イソシギ幼鳥@横浜市緑区

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 通りすがり より:

    羽縁が淡色でサブターミナルバンド(猪口才な言葉ですよね)があるので、
    2羽とも幼鳥で、第1回冬羽に換羽途中です。

    白い部分の見えにくい写真で、身体に大小があるように見えるのは、
    奥の個体は逃げる体勢に入って翼を開きかけ、白色部が隠れ、
    手前の個体は緊張して羽毛を伏せて細くなったことによります。

    何度か書きましたが、鳥の親子関係は一部の大型種を除いて、
    渡りの前に切れますので、もし成鳥と幼鳥がいても、
    単なる「旅の道連れ」です。採食場所は争いますが、
    休んだり移動するときは一緒にいます。

    シギ・チドリ類の雛は、孵化後すぐに歩き、自分で食べ物を探しますので、
    そういう意味では、最初から手は掛かりません。
    親鳥の役目は警戒と保護に限られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Show Buttons
Hide Buttons